アニサキス(あにさきす)

用 語 アニサキス
よみがな あにさきす
英語表記 anisakis

アニサキスとは、クジラやイルカを最終宿主とする寄生虫の一種です。
海水中に排出された虫卵が、甲殻類や海産魚類の体内で成長します。
感染した海産魚類を生食することで、人間に感染します。
体内に幼虫が入ると胃では急性胃腸炎、腸では急性の腹痛をもたらします。
感染源は、サバ、アジ、ニシンなどです。
アニサキスは、70℃以上に加熱するか、-20℃以下で冷凍することによって死滅します。


 アニサキスに関連のある用語
感染腹痛

スポンサードリンク