アルツハイマー型認知症(あるつはいまーがたにんちしょう)

用 語 アルツハイマー型認知症
よみがな あるつはいまーがたにんちしょう
英語表記 senile dementia of the Alzheimer’s type、SDAT

アルツハイマー型認知症とは、老年期にアルツハイマー病様の脳の変性によって発症する認知症の一種で、脳全体の萎縮が進行していきます。
日本人では脳血管性認知症が多かったのですが、近年はアルツハイマー型認知症が増加しています。
アルツハイマー型認知症の主な症状として記憶障害があり、物を置き忘れ、同じ話を繰り返す、場所や日時がわからないなどの症状が現れます。
さらに徘徊、妄想、幻覚、うつ、無気力、不安感などが現れ、末期には寝たきりになることもあります。
アルツハイマー型認知症の原因は多くの仮説がありますが明確にはなっていません。
また、根本的な治療法もありません。


 アルツハイマー型認知症に関連のある用語
アルツハイマー病脳血管性認知症認知症記憶障害幻覚徘徊妄想寝たきり

スポンサードリンク