エンゲル係数(えんげるけいすう)

用 語 エンゲル係数
よみがな えんげるけいすう
英語表記 Engel’s coefficient

エンゲル係数とは、消費支出に占める食料費の割合のことをいいます。
1857年にドイツの社会統計学者エルンスト・エンゲル(Engel,E.)が初めてこの法則を見つけました。
エンゲル係数は、所得が増加するにつれ低下する傾向があり、そのため生活水準の指標として用いられることもあります。
エンゲル係数は、エンゲルの法則とも呼ばれています。


 エンゲル係数に関連のある用語

スポンサードリンク