回想法(かいそうほう)

用 語 回想法
よみがな かいそうほう
英語表記 reminiscence therapy

回想法とは、過去の経験について思い出し、それを他人に話したり、評価をしたりする心理学的援助の方法をいいます。
回想法は、アメリカの精神科医のロバート・バトラーによって創始された心理療法です。
回想法は、グループで行うことが多く、記憶の回復や日常生活の関心、コミュニケーションを深める効果があります。
回想法は、レミニッセンスとも呼ばれています。


 回想法に関連のある用語
記憶コミュニケーション

スポンサードリンク