拡大読書器(かくだいどくしょき)

用 語 拡大読書器
よみがな かくだいどくしょき
英語表記 expansion devices to read

拡大読書器とは、弱視者が文字を拡大して読むための補助機器のことをいいます。
本や書類をカメラを通し、モニター画面に拡大して映すことによって、弱視者にも読めるようにします。
拡大読書器の形状には、卓上型、ポータブル型、携帯型などがあり、最も普及しているのは卓上型です。
拡大読書器は、「オプチスコープ」とも呼ばれています。


 拡大読書器に関連のある用語
弱視

スポンサードリンク