感覚麻痺(かんかくまひ)

用 語 感覚麻痺
よみがな かんかくまひ
英語表記 sensory paralysis

感覚麻痺とは、筋肉や神経が障害を受け、触覚・痛覚・部位感覚・温度覚などの感覚機能が働かない状態のことをいいます。
感覚麻痺は、実際よりも冷たく感じたり、強く感じたり、弱く感じたり、全く感じなかったりします。
寝たきりの要介護者などに感覚麻痺があると、褥瘡につながりやすく注意が必要です。
また、感覚麻痺の要介護者は火傷や凍傷などにも注意を払うことが必要となります。
感覚麻痺は、「知覚麻痺」とも呼ばれています。


 感覚麻痺に関連のある用語
感覚機能障害褥瘡知覚麻痺寝たきり要介護者

スポンサードリンク