肝硬変(かんこうへん)

用 語 肝硬変
よみがな かんこうへん
英語表記 liver cirrhosis

肝硬変とは、慢性の肝障害が進行し、肝臓が硬くなって肝機能が十分に働かなくなってしまう病気のことをいいます。
肝硬変の原因は、主にアルコール性肝障害、ウイルス性肝炎などがあり、これらが進行することによって引き起こされます。
肝硬変の初期段階では、自覚症状はありません。
肝硬変が進行すると、全身倦怠感、腹部膨満感、食欲減退、顔手足の浮腫、くも状血管腫などの症状が現れます。
進行すると、肝不全、腹水貯留、静脈瘤破裂、肝がんなどを起こして死に至ります。


 肝硬変に関連のある用語
ウイルス性肝炎浮腫食欲

スポンサードリンク