狭心症(きょうしんしょう)

用 語 狭心症
よみがな きょうしんしょう
英語表記 angina pectoris

狭心症とは、心筋が一過性の虚血から酸素欠乏に陥ることによる胸痛を主症状とする発作を引き起こす心臓病のことをいいます。
狭心症は、動脈硬化などで冠動脈が狭窄することで起こります。
重症の発作時には、冠動脈を拡張するニトログリセリンの舌下錠を服用する必要があります。
心筋が壊死して機能が低下する心筋梗塞に移行しやすいので医療関係者と連携が必要です。


 狭心症に関連のある用語
心筋梗塞動脈硬化ニトログリセリン壊死

スポンサードリンク