拒食症(きょしょくしょう)

用 語 拒食症
よみがな きょしょくしょう
英語表記 anorexia

拒食症とは、外見上はっきりとした理由もなく、食事を摂ることを強く拒否し続ける摂食障害のことをいいます。
拒食症になると食事を強制すると嘔吐してしまいます。
体重減少により各種臓器の機能低下が見られ、思春期の女性だけでなく高齢者にも見られます。
拒食症は、「神経性食欲不振症」とも呼ばれています。
摂食障害には拒食症の他に、「過食症」などがあります。


 拒食症に関連のある用語
過食症摂食障害高齢者食事食欲嘔吐

スポンサードリンク