見当識(けんとうしき)

用 語 見当識
よみがな けんとうしき
英語表記 orientation

見当識とは、時間、場所、人物など、自己がおかれている状況を認識する能力のことをいいます。
見当識は、今日は何月何日なのか、ここは何処なのか、自分が誰なのかなどの質問がなされます。
見当識を正しくもつためには、記憶、意識、認知、注意、知覚、思考、判断などの機能を発揮しなければいけません。
一般的には、人物に対する見当識が最後に障害を受けるといわれています。


 見当識に関連のある用語
意識記憶障害見当識障害

スポンサードリンク