拘縮予防(こうしゅくよぼう)

用 語 拘縮予防
よみがな こうしゅくよぼう
英語表記 preventing of contracture

拘縮予防とは、関節を動かさないために、関節自体が固くなり動きが悪くなったりなどの関節の可動域の低下を招かないように予防することをいいます。
拘縮になると、日常生活においても支障をきたしたり、介護負担が増加するおそれがあるため予防が重要となります。
要介護者自身による運動が困難な場合は、各関節の全可動域を他動的に動かすことによって維持します。
他動的に動かす際は、関節の損傷を防ぐために保護的に行うことが重要です。


 拘縮予防に関連のある用語
拘縮関節介護負担要介護者

スポンサードリンク