高齢社会対策基本法(こうれいしゃかいたいさくきほんほう)

用 語 高齢社会対策基本法
よみがな こうれいしゃかいたいさくきほんほう
英語表記 basic law on measures for the aged society

高齢社会対策基本法とは、1995年に成立した、高齢社会対策の基本理念を明らかにしてその方向を示し、国を始め社会全体として高齢社会対策を総合的に推進していくための法律のことをいいます。
高齢社会対策基本法の基本的施策には、就業、所得、健康、福祉、学習、社会参加、生活環境、調査研究等の推進、国民の意見の反映について示されています。


 高齢社会対策基本法に関連のある用語
高齢社会健康生活環境福祉

スポンサードリンク