在宅療養(ざいたくりょうよう)

用 語 在宅療養
よみがな ざいたくりょうよう
英語表記 home health care

在宅療養とは、急性期の治療が終わり、病状が安定し退院した患者に対して、在宅での療養生活を支援することをいいます。
病院の平均在院日数の低下により、在宅療養を受ける患者が多くなっています。
介護保険では居宅療養管理指導・訪問看護によって在宅療養が支援されています。
居宅療養管理指導とは、居宅要介護者に対し、医師、歯科医、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士が自宅を訪問し診察したり、療養の管理・指導を行う居宅介護サービスのことをいいます。
訪問看護とは、介護保険法・健康保険法・老人保健法などに基づく給付の対象で、病状が安定期にあり、訪問看護が必要と主治医が認めた場合、要介護者の自宅に病院・診療所・訪問看護ステーションの看護師・保健師・助産師などが訪問し、療養上の世話または必要な診療の補助を行うサービスのことをいいます。


 在宅療養に関連のある用語
介護保険法老人保健法居宅療養管理指導訪問看護訪問看護ステーション要介護者

スポンサードリンク