三動作歩行(さんどうさほこう)

用 語 三動作歩行
よみがな さんどうさほこう
英語表記 three-point gait

三動作歩行とは、杖歩行の種類の一つで、①杖を前方に出す、②患側の足を前方に出す、③健側の足を揃える歩行方法のことをいいます。
三動作歩行は、常に2点で体重を支持し、バランスを保っている歩き方で安定性があるので転倒しにくく、高齢者に適しています。
三動作歩行には、健側の足を患側の足の手前につく「後型」と、患側の足と並ぶ「揃い型」、健側の足を患側の足の前に出せる「前型」があります。
杖歩行には、三動作歩行の他に、「二動作歩行」があります。
二動作歩行とは、杖歩行の種類の一つで、①杖と患側の足を同時に前方に出す、②健側の足を揃える歩行方法のことをいいます。


 三動作歩行に関連のある用語
動作歩行二動作歩行杖歩行患側健側転倒

スポンサードリンク