自傷行為(じしょうこうい)

用 語 自傷行為
よみがな じしょうこうい
英語表記 self-mutilation

自傷行為とは、自己の肉体の一部を傷つける行為のことをいいます。
自傷行為は、抑うつ状態、躁うつ状態、幻覚妄想状態、精神運動興奮状態、意識障害、混迷状態、知能障害、人格の病的状態がある者に起こりやすくなります。
精神障害によって、自傷行為を引き起こすおそれのある者は、精神保健福祉法による措置入院の対象となります。
自傷行為は、認知症に伴う行動障害と精神症状の一つとして現れることもあります。


 自傷行為に関連のある用語
意識障害精神障害精神保健福祉法認知症

スポンサードリンク