障害者自立支援法(しょうがいしゃじりつしえんほう)

用 語 障害者自立支援法
よみがな しょうがいしゃじりつしえんほう
英語表記 support law for independence of the disabled

障害者自立支援法とは、2005年に設立した、障害者や障害児が有する能力や適性に応じ、自立した日常生活や社会生活を営むことができるよう、必要な障害福祉サービスの給付や支援を行い、障害者や障害児の福祉の増進を図るとともに、障害の有無にかかわらず国民が相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与することを目的とした法律のことをいいます。
障害者自立支援法では、サービスの利用に応じて障害者も原則として1割の応益負担となっています。


 障害者自立支援法に関連のある用語
自立福祉応益負担

スポンサードリンク