静脈栄養法(じょうみゃくえいようほう)

用 語 静脈栄養法
よみがな じょうみゃくえいようほう
英語表記 parenteral nutrition

静脈栄養法とは、栄養素を静脈血管内に投与する方法のことをいいます。
静脈栄養法は、経腸的栄養摂取ができない消化器系疾患、重度の外傷、意識障害などで用いられます。
静脈栄養法は、投与経路によって、中心静脈栄養(TPN)と、末梢静脈栄養(PPN)に分けられます。
静脈栄養法を在宅で行う場合、病態が安定し、医師、看護師、薬剤師、栄養士を含む医療が行えることが条件です。
静脈栄養法は、「高カロリー輸液」とも呼ばれています。


 静脈栄養法に関連のある用語
栄養素意識障害医師看護師薬剤師栄養士

スポンサードリンク