植物状態(しょくぶつじょうたい)

用 語 植物状態
よみがな しょくぶつじょうたい
英語表記 vegetative state

植物状態とは、大脳の活動が停止し、意識障害を伴う重度の寝たきりとなるが、生命維持に必要な脳幹部分の機能は保たれた状態のことをいいます。
1972年に日本脳神経外科学会は、植物状態を次のように定義しています。
①自力移動が不可能、②自力摂食が不可能、③尿失禁がある、④声を出しても意味のある発語は不可能、⑤簡単な命令にはかろうじて応ずることもあるが、それ以上の意思の疎通が不可能、⑥眼球は動いても認識はできない。
以上の6項目を満たす状態が3か月以上経過したものを植物状態といいます。
植物状態は、「遷延性意識障害」とも呼ばれています。


 植物状態に関連のある用語
脳死脳幹意識障害寝たきり尿失禁

スポンサードリンク