徐脈(じょみゃく)

用 語 徐脈
よみがな じょみゃく
英語表記 bradycardia

徐脈とは、脈拍の回数が1分間に50回以下が続く症状のことをいいます。
徐脈は、心臓を規則正しく動かしている電気刺激を起こす洞結節の機能が低下したり、洞結節からの刺激が心房へ伝達されなかったりする場合に起こります。
徐脈の原因は、虚血性心疾患などであることが多く見られます。
心臓が正常に拍動できなくなると、全身へ送る血液量が減少し、脳が乏血状態となり、失神やめまいなどを生じることもあります。
徐脈に対し、脈拍の回数が1分間に100回以上が続く症状のことを「頻脈」といいます。


 徐脈に関連のある用語
脈拍頻脈虚血性心疾患

スポンサードリンク