水晶体(すいしょうたい)

用 語 水晶体
よみがな すいしょうたい
英語表記 crystal lens

水晶体とは、目の中にある透明でやわらかい凸レンズ状の組織のことをいいます。
水晶体は、厚くなったり、薄くなったりして形を変化させ、屈折を調節する働きがあり、光は水晶体で焦点が合わされて網膜に結像します。
水晶体の老化によって濁ってくるのが白内障です。
水晶体に病変が生じると光の散乱の増加と光の透過性が低下し、明るいところでは見えづらくなります。
水晶体は老化とともに硬くなり、焦点を調整することが困難となります。


 水晶体に関連のある用語
白内障老化

スポンサードリンク