生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう)

用 語 生活習慣病
よみがな せいかつしゅうかんびょう
英語表記 lifestyle-related disease

生活習慣病とは、生活習慣が深く発症に関わり、加齢とともに増加する病気のことをいいます。
1996年にこれまで成人病といわれたものから、生活習慣病に改称されました。
生活習慣が発病に深く関わっているものとして、動物性脂肪の過剰摂取と大腸がん、食塩の過剰摂取と脳卒中、喫煙と肺がんや肺気腫、アルコール摂取と肝硬変、肥満と糖尿病などが挙げられます。


 生活習慣病に関連のある用語
加齢大腸がん肺がん肺気腫肝硬変糖尿病肥満

スポンサードリンク