精神保健福祉法(せいしんほけんふくしほう)

用 語 精神保健福祉法
よみがな せいしんほけんふくしほう
英語表記 health and welfare law for the psychiatric disordered

精神保健福祉法とは、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の略称で、精神障害者の医療・保護、その社会復帰の促進・自立と社会経済活動への参加の促進のための必要な援助、国民の精神的健康の保持及び増進により、精神障害者の福祉の増進・国民の精神保健の向上を図ることを目的とする法律のことをいいます。
1950年に「精神衛生法」として制定され、1980年に「精神保健法」に改正され、1995年より現在の「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」となっています。


 精神保健福祉法に関連のある用語
精神障害精神障害者自立

スポンサードリンク