代読(だいどく)

用 語 代読
よみがな だいどく
英語表記 proxy reading

代読とは、何らかの障害などにより、文書を読むことができない利用者に代わって読む援助のことをいいます。
代読は、主に視覚などに障害がある場合に用いられます。
代読は、新聞や手紙が一般的であるが、趣味の本なども代読することもあります。
代読時は、内容を理解してもらうために、利用者のペースに合わせ、ゆっくりと低い声で、明瞭な発音で読むことが求められます。
介護保険の認定調査では、家族あるいは認定調査員の代読によって調査をすることもあります。


 代読に関連のある用語
障害介護保険家族認定調査

スポンサードリンク