チアノーゼ(ちあのーぜ)

用 語 チアノーゼ
よみがな ちあのーぜ
英語表記 cyanosis

チアノーゼとは、毛細血管、静脈を循環する血液の酸素濃度が低くなり、皮膚および粘膜が青みを帯びた状態のことをいいます。
チアノーゼは、呼吸性疾患、循環障害、異常ヘモグロビンによるものに分類されます。
チアノーゼには、先天性の心疾患の一部でみられる上半身と下半身のチアノーゼの現れ方の異なる「分離性チアノーゼ」、動脈血の酸素飽和度の低下を伴う「中心性チアノーゼ」、末梢での血流低下による「末梢チアノーゼ」があります。


 チアノーゼに関連のある用語
ヘモグロビン

スポンサードリンク