中途失明(ちゅうとしつめい)

用 語 中途失明
よみがな ちゅうとしつめい
英語表記 acquired blind

中途失明とは、視力のあった人が何らかの原因によって視力を失うことをいいます。
中途失明は、視力障害のうち最も重度の状態です。
中途失明は、移動に対する不安感や恐怖心が強く見られます。
中途失明は、障害の受容のために適切な心理的援助、訓練、福祉制度の活用などが必要となります。
中途失明の原因は、最も多いのが「緑内障」で、その他に「糖尿病網膜症」、「網膜色素変性症」などがあります。


 中途失明に関連のある用語
視力障害移動障害の受容緑内障

スポンサードリンク