聴覚障害(ちょうかくしょうがい)

用 語 聴覚障害
よみがな ちょうかくしょうがい
英語表記 auditory disorder

聴覚障害とは、耳から大脳の聴覚中枢までの間に何らかの損傷があり、聞き取りに支障を伴うものをいいます。
身体障害者福祉法では両耳ともに聴力レベルが70dB以上の者を聴覚障害者としています。
聴覚障害者には、障害の程度によって、2~6級の障害等級が認定されます。
聴覚障害者のコミュニケーションを保障するために、手話通訳士が養成されテレビや集会などで活躍しています。


 聴覚障害に関連のある用語
身体障害者福祉法聴力レベルコミュニケーション

スポンサードリンク