点字(てんじ)

用 語 点字
よみがな てんじ
英語表記 braille

点字とは、視覚障害者のコミュニケーション手段の一つで、指先の触覚だけで読める特殊な触読文字のことをいいます。
点字は、縦3点、横2点からなる6つの点により1文字が表されます。
点字は、1825年にフランスの盲人ルイ・ブライユによって創案され、1890年に東京盲唖学校教師の石川倉次がこれを50音に翻訳しました。
歩道や駅のホームには注意の点ブロックと進めの線ブロックがあります。


 点字に関連のある用語
視覚障害者コミュニケーション

スポンサードリンク