糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)

用 語 糖尿病性神経障害
よみがな とうにょうびょうせいしんけいしょうがい
英語表記

糖尿病性神経障害とは、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症とともに糖尿病の三大合併症の一つで、小径の自律神経から感覚神経へと障害が進展する合併症のことをいいます。
糖尿病性神経障害で、圧倒的に頻度が高いのは両下肢の遠位に強い感覚神経優位の末梢神経障害であり、糖尿病羅病期間が長くなるとともに発症率は増加します。
糖尿病性神経障害の症状は、感覚鈍麻、振動覚低下、熱感、異常感覚などがあります。


 糖尿病性神経障害に関連のある用語
糖尿病糖尿病性網膜症糖尿病性腎症合併症

スポンサードリンク