徒手筋力テスト(としゅきんりょくてすと)

用 語 徒手筋力テスト
よみがな としゅきんりょくてすと
英語表記 manual muscle test、MMT

徒手筋力テストとは、ロバート・ロベットが開発した、筋の収縮能力を客観的に評価するための筋力検査法のことをいいます。
徒手筋力テストは、医師、理学療法士、作業療法士が特別な器具を使用せず、素手によって重力に対する筋力を主観的に評価します。
徒手筋力テストの判定結果は、徒手的に与えた抵抗力によって筋力を0~5の6段階に分類されます。


 徒手筋力テストに関連のある用語
医師理学療法士作業療法士

スポンサードリンク