21世紀福祉ビジョン(にじゅういっせいきふくしびじょん)

用 語 21世紀福祉ビジョン
よみがな にじゅういっせいきふくしびじょん
英語表記 welfare vision for the 21st century

21世紀福祉ビジョンとは、1994年に厚生省の高齢社会福祉ビジョン懇談会が行った提言で、21世紀に向けた社会福祉構想のことをいいます。
21世紀福祉ビジョンでは、21世紀の少子・高齢社会における社会保障、主要施策の基本的方向、財源構造について具体的に定めています。
また、新ゴールドプランの策定、エンゼルプランの策定、介護システムの必要性などが示されています。


 21世紀福祉ビジョンに関連のある用語
高齢社会社会保障新ゴールドプランエンゼルプラン

スポンサードリンク