尿意(にょうい)

用 語 尿意
よみがな にょうい
英語表記 uresiesthesia

尿意とは、膀胱内に尿が溜まった時に尿がしたいという感覚のことをいいます。
腎臓から排出された尿は、腎盂から尿管を通り膀胱に集まり、膀胱内に尿が溜まっていきます。
膀胱内部の圧力が一定量に達すると、刺激が大脳に伝わり尿意を感じます。
尿意は、断続的に強くなったり弱くなったりして徐々に強くなっていきます。
始めに感じる軽い尿意を「初発尿意」といい、膀胱の尿容量最大となった尿意を「最大尿意」といいいます。


 尿意に関連のある用語
尿尿意

スポンサードリンク