認知症(にんちしょう)

用 語 認知症
よみがな にんちしょう
英語表記 dementia

認知症とは、一度獲得された知能が、脳の器質的な障害により持続的に低下したり、失われることをいいます。
認知症は、脳の器質障害に基づくもので、記憶力、記銘力、思考力、計算力、判断力、見当識の障害が見られ、知覚、感情、人格や行動の異常も伴っていることもよくあります。
記憶は、短期記憶が完全に失われていることが多く、長期記憶は保持されていることがよくあります。
認知症は、老年認知症、初老期認知症、脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症、進行麻痺、てんかん、脳炎、アルコール依存症などで見られます。


 認知症に関連のある用語
老年認知症初老期認知症脳血管性認知症アルツハイマー型認知症知能記銘力見当識てんかんアルコール依存症

スポンサードリンク