脳性麻痺(のうせいまひ)

用 語 脳性麻痺
よみがな のうせいまひ
英語表記 cerebral palsy、CP

脳性麻痺とは、胎生期、出産時、出産直後に生じた脳障害によって、非進行性の病変を生じ、永続的な中枢運動障害をもたらした状態の総称のことをいいます。
1969年に当時の厚生省脳性麻痺研究班では、「受胎から新生児期までの間に生じた、脳の非進行性病変にもとづく、永続的なしかし変化し得る運動および姿勢の異常である」と定義しています。
脳性麻痺の原因には、分娩時の脳障害、異常分娩、未熟児、出産児仮死などがあります。


 脳性麻痺に関連のある用語
麻痺

スポンサードリンク