肺気腫(はいきしゅ)

用 語 肺気腫
よみがな はいきしゅ
英語表記 pulmonary emphysema

肺気腫とは、肺が異常に膨張して、空気が肺にたまってしまう慢性疾患のことをいいます。
肺胞壁に破壊を伴い、ガス交換が困難となり呼吸不全を起こすようになります。
肺気腫を放置すると、肺性心に移行する危険性があります。
肺気腫の症状には、咳、痰、運動時の息切れ、喘鳴、動悸などがあります。
肺気腫は、中年以降に発症することが多く見られ、喫煙との関係が深いとされています。


 肺気腫に関連のある用語
呼吸不全喘鳴動悸

スポンサードリンク