バイスティックの7原則(ばいすてぃっくのななげんそく)

用 語 バイスティックの7原則
よみがな ばいすてぃっくのななげんそく
英語表記 Biestek’s 7 principles

バイスティックの7原則とは、1952年に米国の社会福祉研究者のフェリックス・バイスティックが、援助者とクライエントの基本的な関係として明示した7原則のことをいいます。
バイスティックの7原則は、①個別化、②意図的な感情表出、③統制された情緒的関与、④受容、⑤非審判的態度、⑥自己決定、⑦秘密保持です。
介護者と要介護者などは信頼関係が重要で、その信頼関係を形成するための原則となります。


 バイスティックの7原則に関連のある用語
クライエント受容自己決定秘密保持介護者要介護者信頼関係

スポンサードリンク