廃用症候群(はいようしょうこうぐん)

用 語 廃用症候群
よみがな はいようしょうこうぐん
英語表記 disuse syndrome

廃用症候群とは、心身の不活動により引き起こされる様々な身体機能の低下のことをいいます。
廃用症候群は、関節拘縮、筋委縮、骨委縮、褥瘡、循環器機能の低下、起立性低血圧、精神機能低下、感覚入力低下、意欲の減衰、記憶力低下などが現れます。
廃用症候群は、できる限り早期に離床し、運動器の機能向上などの介護予防を行うことが求められます。
廃用症候群は、「寝たきり症候群」とも呼ばれています。


 廃用症候群に関連のある用語
身体機能褥瘡起立性低血圧運動器の機能向上介護予防

スポンサードリンク