白血病(はっけつびょう)

用 語 白血病
よみがな はっけつびょう
英語表記 leukemia

白血病とは、血球を作る造血細胞が骨髄の中で腫瘍化して無制限に増殖する病気のことをいいます。
白血病は、急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性リンパ性白血病に大別されます。
急性白血病では、正常な血球が減少することにより、発熱・出血傾向・貧血・倦怠感・動悸・めまいなどの症状が現れます。
診断は血液検査による貧血・異常白血球などの血球系の異常で疑われ、骨髄検査で確定されます。
治療は抗がん剤による化学療法、骨髄移植などがあります。


 白血病に関連のある用語
発熱貧血動悸

スポンサードリンク