不随意運動(ふずいいうんどう)

用 語 不随意運動
よみがな ふずいいうんどう
英語表記 involuntary movement

不随意運動とは、意思に基づかない異常な運動のことをいいます。
不随意運動は、大脳基底核部などの錐体外路の運動神経の障害により起こることが多く、その他に薬の副作用や心因性によるものなどがあります。
不随意運動の代表的なものに、振戦、無踏病、パーキンソン病、アテトーゼ、バリスムス、ジストニア、ジスキネジア、ミオクローヌス、顔面痙攣、トゥレット障害などがあります。


 不随意運動に関連のある用語
副作用振戦パーキンソン病アテトーゼ

スポンサードリンク