発赤(ほっせき)

用 語 発赤
よみがな ほっせき
英語表記 redness

発赤とは、炎症により真皮表面の血管が拡張充血することによって、紅斑が皮膚に生じることことをいいます。
発赤は、主として動脈性、毛細血管性のものを指します。
動脈性の発赤は、鮮紅色で発赤の皮膚温も上昇しています。
静脈性の発赤は、暗赤色で発赤の皮膚温の変化がないことが多く見られます。
動脈性の発赤は、ブラジキニンなどの血管作動性化学物質が関与しています。
「発赤」、「腫脹」、「発熱」、「疼痛」は、炎症の四症候とされています。


 発赤に関連のある用語
炎症発熱疼痛

スポンサードリンク