老人保健法(ろうじんほけんほう)

用 語 老人保健法
よみがな ろうじんほけんほう
英語表記 health law of the elderly

老人保健法とは、1982年に制定された、国民の老後における健康の保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保健事業を総合的に実施し、もって国民保健の向上及び老人福祉の増進を図ることを目的とする法律のことをいいます。
老人保健法では、国および地方公共団体の責務、保健事業の種類、医療並びに入院時食事療養費および特定療養費の支給、都道府県・市町村老人保健計画、費用の支弁及び負担などについて規定しています。
老人保健法は、2008年に「高齢者の医療の確保に関する法律」と名称変更されています。


 老人保健法に関連のある用語
健康機能訓練特定療養費高齢者の医療の確保に関する法律

スポンサードリンク